借金が大きくなってしまったら

カードローンやキャッシングは、まるで自分の使えるお金が増えたかのように錯覚してしまいがちです。そのため、いつの間にか支払えないほどの金額にまで膨れ上がってしまい、他の金融機関からも借金をしてしまうという状態に陥ってしまう人が多くいます。そんな人に知って欲しいのが、「おまとめローンで一本化する」ということです。


《おまとめローンで一本化するってどういうこと?》

「おまとめローンってことは、結局また借金を重ねるんじゃないの?」というように考えてしまう人もいるとは思いますが、実はそうではありません。むしろ、「借金を減らす」というように考えていただければ理解しやすいと思います。つまり、おまとめローンとは、今までに作ってしまった借金の総額を、また別の金融機関から借入れたお金で一度返済するという仕組みです。そのため、借入先が1つに絞られることで、利用限度額が大きくなるとともに今までよりも金利が低くなり、結果的に返済期間が短くなるというのが「おまとめローンで一本化する」仕組みです。


《おまとめローンとカードローンの違いって?》

じゃあ、おまとめローンは結局カードローンと同じなのかというと、必ずしもそうとは限りません。というのも、現在日本の法律では個人が借入れできる金額の最大値は年収の3分の1までと決められています。たとえば、年収が300万円の人なら100万円が借入れできる最大値となっていて、このことを一般に「総量規制」と呼んでいます。それなら自分はもうギリギリまで借りているからこれ以上新しい借金はできないな、と思った人はちょっと待ってください。そういった人でも例外的に利用できるのがおまとめローンです。同じように、住宅ローンやマイカーローンは総量規制の対象外として一般に利用されているものなので、それと同等のローンがおまとめローンだという風に覚えておいてください。


《それなら今すぐ利用したほうがいいじゃん!》

はい、是非そうしていただきたいのですが、その前にちょっとだけしておいてほしいのが、おまとめローンの金利と限度額です。普通のカードローンと同じように、おまとめローンは限度額に対して金利が決められているケースがほとんどです。そのため、大方の場合得になりますがそれでもどこのローン会社から借りるかによって、金利も限度額も大きく違ってきます。そこで、自分がどこに借り換えるのが理想的なのかを当サイトでチェックしてみてください!

次→一本化のメリット