一本化の注意点

「よし、私も借金完済を目指しておまとめローンで一本化しよう!」と決意をされても、すぐに申し込むのは待ってください!おまとめローンには、申し込みをする前に注意しておかなければならない点があり、これを守らなければ、せっかくの機会にも関わらず利用することが出来ないということも有り得ます。ではその気を付けなければならない点とはいったいどのようなものなのか、口コミでよくあった例を参考にして見てみましょう。


《おまとめローンでやってはいけないこと》

とても人には言えないような借金というのは、やっぱりわかってはいても目をそむけたくなるものです。自分に負い目があるからこそ、ついつい嘘をついてしまうということもありがちなことです。しかし、それは申し込みでは絶対にやってはいけないことです。人によっては、嘘をついても信用情報機関や職場に問い合わせれば嘘はばれるから大丈夫ということを言いますが、それは間違いです。どうせばれるからこそ、嘘をつくことは避けるべきなのです。


《審査で重視されるのは信用です》

というのも、おまとめローンでは、基本的に無担保・無保証人で融資を行ってくれるので、申込者を推し量るものが信用意外にないということになります。しかも、通常のキャッシングやカードローンよりも金額が大きなものとなるので、より慎重に申込者を見定めることが必要になります。つまり、その人が信頼に値する人で、これから返済をしっかり行ってくれるかどうかというのが審査でみられるわけです。そこで、初めて申し込みをしてきた人が嘘をついてきたらどうでしょうか?本当に身に覚えがないならまだしも、とぼけたような返事をしてきたらどうでしょうか?私なら、その人がギリギリの判断にゆだねられていたら、可決はしないと思います。おまとめローンも慈善活動ではないので、基本的には収入や返済履歴を基準にして判断を行う部分が大きいですが、それを後押しするのがその人となりになると考えられます。実際に、口コミの中でも見栄を張って年収を多めに申告した、などの嘘をついた人が審査で否決されている割合は多くなっていました。


おまとめローンに乗り換えるということ

おまとめローンで一本化するということは、金利を減らし返済期間が短くなるということだけが利点ではありません。それ以上に、自分が「いくら借金をしている」のか、「いつ返し終わる」のかを把握できるようになることも利点なのです。

次→おまとめローンの口コミ