おまとめローン審査の矛盾

おまとめローンは既に数社に渡るローンの借入先全てを繰り越し返済する為に一社からお金を借りる方法ならびにその商品プランの事を言います。多重債務の状態を債務整理に頼らず解決させるほぼ唯一の手段として注目を集めていますが、おまとめローンもその本質は普通のローンと変わりません。(→みずほ銀行)つまり信用できない人間や返済能力の乏しい人間に会社はお金を貸す事ができません。


おまとめローン審査の矛盾

しかし冷静に考えてみると、そもそも多重債務でおまとめローンに頼らざるをえない状況下にある人の何割が返済能力に富んでおり信用できる人間だと言えるでしょうか。例えばおまとめローンでも借入先の数が4社を超えるような人は審査に通るのが難しいと言われています。また当然延滞や未払いなど過去の信用情報上に問題がある場合も利用は難しいと言えます。


大事なのは矛盾を理解した上での見せ方

おまとめは言ってしまえば携帯電話会社の「乗り換えプラン」のようなもので、多重債務の救済ではなく顧客確保の為の商品展開です。その為おまとめローン審査を受けるにあたり大切なのはきちんと誰でも審査に通るわけではない事を認め、自分の条件を良く見せる事です。例えばインターネット申込を利用する事で少しでも審査に不利な情報を相手に渡さない事、一時的に両親が健在なら実家に住まわしてもらい資産面を強化する事などの対策が取れます。また少しでも現在の借入先に対して延滞や不払いのリスクを感じたら手遅れになる前におまとめの契約に漕ぎ着ける事が大事です。