おまとめローンのテクニック|審査編

どんなに自分がお金が困っていて必要としていても、またどんなに金利や限度額の高い優良なおまとめローンであっても、審査に通らない限りおまとめローンを利用することはできません。あれこれ見て自分の返済が楽になることがわかって、返済計画を考えていても、それが実現するのは実際に融資を受けた後になります。そこでおまとめローンの審査に通る確率を、1%でも上げるためのテクニックをご紹介します。


《おまとめローンの審査の特徴》

まず初めに覚えておいてほしいのが、おまとめローンの審査の明確な基準はわからない、ということです。いくらまで借金していたらアウトなのか、収入のボーダーラインはいくつなのか、そういった情報は一切公表されていません。また、カードローン会社によって基準もまちまちなので、同じ条件でも審査の厳しさは違います。そこで、私たちが出来ることは、実際に申し込んだ人の口コミ情報を集めて判断するということになります。どんな条件で申し込んだ人は審査に通ったのか、あるいは審査に落ちたのかを一つひとつ調べていくうちに、統計的にどんな人が審査に受かりやすいのかが見えてきます。


《総量規制を覚えておこう》

では、どんな人がおまとめローンを利用することが出来ないのかというと、多いのが、総量規制の対象となる申し込みをしている人です。通常、消費者金融での個人の借入れのは、最大で年収の1/3までと法律で定められていて、それを総量規制といいます。そして、その総量規制では、定められている金額以上の借入れは原則的に認められていないため、新しい借入れはできなくなっていますが、銀行ローンの場合は規制の対象外となっています。そこで、おまとめローンの出番が登場するのですが、おまとめローンは例外的に総量規制を超えて融資をすることが出来ます。しかし、その場合対象となる借入れは、消費者金融での借入れのみが対象となります。


《おまとめローンの審査で落ちてしまう人は》

その上で、申し込みをする人は以下の3点に注意してください。
「嘘の申告をしない」
「借りるお金は最低限にする」
「あまりにもおいしい話には注意する」
まず、審査の時に借入額、勤務先などを正直に答えなければ印象が悪くなる可能性があるので、避けましょう。次に、ついでだからと大きな金額の利用を希望すると審査が通りにくくなります。そして最後に、よく知らないカードローン会社が他よりも好条件を提示している場合、悪徳な業者の可能性がありますので注意してください。
当サイトでは、優良なおまとめローンを提供している業者を紹介しているので、参考にしてみてください。申し込みをするときにはこれらのことを守りましょう。

次→返済編